金慶珠氏が竹島問題における“韓国の戦略”を解説「100年後には韓国のもの」

金慶珠氏が竹島問題における“韓国の戦略”を解説「100年後には韓国のもの」

16日放送の「好きか嫌いか言う時間」(TBS系)で、東海大学教授の金慶珠(キム・キョンジュ)氏が、竹島領土問題について持論を展開した。

そのうえで金氏は「日本人としては日本人の解釈がある、韓国には韓国の解釈がある」「お互い意見が食い違う部分がある」との見解を示した。

すると、弁護士の横粂勝仁氏が「(金氏は)韓国側の理論を、それらしく言われてますけど…」と割って入った。

横粂氏は「だとしたら、国際司法裁判所(ICJ)と言って、領土問題を判決できる機関がある」 「ただ、日本が(ICJに)訴えようと思っても(韓国の)同意が必要。付託には同意が必要な中で、韓国はずっと逃げてきている」と、韓国の姿勢を批判した。

ところが、これに金氏は「韓国がICJに行かない理由は『行くと負けるから』『やましいところがあるから』と、

日本では当たり前のよういに言われてますけれども」「日本も韓国も戦略」「韓国の戦略はずっと『静かな外交』といって、この実行支配をずっと続けていく」「これが100年後、200年後なれば、国際法上も揺るぎない韓国のものになるという。そういう戦略です」と、日本の主張やICJの存在を無視するかのような、韓国側の戦略を説明した。

続き livedoor news/2017年1月17日 7時55分 トピックニュース http://news.livedoor.com/article/detail/12550971/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*