首都圏に北朝鮮からの核攻撃をシミュレート、横田なら13000人、霞が関なら24000人、市ヶ谷防衛省なら57000人が死亡!

分析にはスティーブンス工科大学で

開発された

核爆弾被害シュミレーションサイト

「Nukemap」が用いられた。

© SPUTNIK/ IVAN ZAKHARCHENKO ハワイ、ミサイル攻撃に迅速に対応する準備が整っていないことを認める

記事によると、真の敵として

米国がいる北朝鮮にとって、

日本は副次的なプレイヤーだ。

記事では、北朝鮮は在日米軍基地の

配備の文脈で主に日本に関心を

持っていると強調。

そのため、第1の目標になるのは

米軍基地だ。

特に、寄稿者は東京から50キロ以下

に位置する米軍横田基地に攻撃が

加えられる可能性が高いと主張する。

 

この場合、約1万3000人が

死亡し、4万5000人がけがをする。

 

それよりも恐ろしいのは

霞が関にある官庁街への核攻撃で、

2万4000人の命を奪うほか、

9万1000人がけがをすると

見られる。

しかし、最も破壊的になるのは

新宿にある防衛省への攻撃だ。

寄稿者の計算によると、

5万7000人が死亡し、

12万8000人がけがをする。

 

爆発後に残る放射性物質は最も

破壊的であり、

 

東京の最人口密集地域に影響を及ぼす。

 

総じて寄稿では、東京への核攻撃で

数万人が死亡し、数百万人が

けがをすると指摘されている。

 

こうしたシナリオでは

東京が第2次世界大戦以来

目にしていない大規模な破壊が

起きるだろうと記事では主張されて

いる。

 

専門家らの意見によると、

想定される結果の似たような

評価は、核兵器の巨大な威力を

想起させ、このような種類の兵器を

完全に拒絶することの必要性を

示しているという。

引用元:https://jp.sputniknews.com/politics/201802264617595/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*