「とくダネ!」で出演者が『福田騒動の矛盾点を指摘する』凄まじい状況に。意外な正論に視聴者仰天

デーブ・スペクター氏、事務次官のセクハラ疑惑告発の女性記者に異論「非常に邪道」

18日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で財務省の福田淳一事務次官による女性記者へのセクハラ疑惑について特集した。

今回の問題にデーブ・スペクター氏は、女性記者側について

「名乗りしにくいって言っている一方、今、密通時代は、もっと不愉快なセクハラ、本当の被害を受けている女性たちにどんどん告発しなさいって言っている割には、発信力ある記者、しかもこれ新聞じゃなくテレビのようって聞いているんですけど、その人が出てこない」と指摘した。

その上で

「あの音声テープの雑な途切れ途切れの編集。そんなの平気で出しておいて、動機もよく分からない、仕事に弊害が出るから出てこれないっていっているのは、非常に邪道だと思う。私服刑事じゃあるまいし、守られた職業ですので他の取材だっていくらでもできるわけで。本当にこれスクープだったら、自分が所属している媒体が出すんですよ絶対に。出さない理由は何なのか。もし却下されたなら自分が所属している媒体に、それもジャーナリズム的に問題があると思うんですが」

と持論を展開した。

さらに

「まだ、分からないのに、福田さん擁護していないんですよ。スケベトークは良くないですけど、セクハラに近い文言は良くないんですが、でも背景があまり不自然すぎて、なのにみんなが正義感ぶっちゃってどうのこうの連日、言っているのは違和感感じます」

と見解を示していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000054-sph-soci

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*