韓国の日韓合意検証を『菅長官が一刀両断にぶった斬る』凄まじい情勢に。韓国の内政問題だと完全否定

December 27, 2017 NewSensei 0

菅義偉官房長官は26日の記者会見 で、韓国政府が慰安婦に関する 日韓合意の成立経緯の検証作業を 進めている状況に対し、 「(日韓が)約束したことは  国際社会でも高く評価されて  いるので、お互いが信義に  基づいて実行に移していくこと  が極めて大事だ」 と述べた。 一昨年末の日韓合意は慰安婦問題の 「最終的かつ不可逆的な解決」 を盛り込んだ。 にもかかわらず、韓国側には、国家間 で正式合意した内容を蒸し返し、 問題解決を遠のかせようとする 動きがある。 韓国政府は27日に検証結果を発表 する方針だが、菅氏は 「韓国の内政について政府として  申し上げるつもりはない」 と語った。 引用元:http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/171226/plt17122612550022-n1.html 2:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2017/12/26(火) […]

軍艦島の捏造パンフに『元島民が一斉に反論する』凄まじい情勢に。ありえない設定にツッコミ殺到

December 26, 2017 NewSensei 0

一般財団法人 「産業遺産国民会議」 は23日までに、ホームページで 2015年に世界文化遺産に登録 された長崎市の端島(はしま) 炭坑(通称・軍艦島)で朝鮮人 労務者と一緒に作業した旧島民 などの証言を収めた動画を公開 した。 端島の誤解を広めるきっかけとなった 「長崎在日朝鮮人の人権を守る会」 が編集・出版した 『軍艦島に耳を澄ませば   端島に強制連行された朝鮮人・  中国人の記録』 や、長崎市にある 「岡まさはる記念長崎平和資料館」 で配布されているパンフレットなど を取り上げて反論している。 「端島は地獄島」 とのプロパガンダには、 「朝鮮人労働者は鉄格子のある  建物に収容された」 「食事を十分に与えられなかった」 などといった強制労働を主張する […]

『首相と会食』批判の声に、武田鉄矢が反論 「よくぞいってくれた」の声多数

December 26, 2017 NewSensei 0

2017年12月15日、タレントの松本人志さん、東野幸治さん、HKT48の指原莉乃さん、社会学者の古市憲寿さんといった『ワイドナショー』メンバーと都内の焼き肉店で会食をした安倍首相。 新聞などでこの件が報じられると、『ワイドナショー』のメンバーに対し多くの人から「政治家転身か」といった憶測を呼びました。 武田鉄矢、安倍首相の会食批判に反論 同月24日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系列)でも、会食についての話題に。 松本さんは「3時間ほど雑談して、ワリカンして帰っただけ」と政治家への転身を全面否定。「政治家になったら汚職もできないし不倫もできないし」と、ブラックジョークで場を明るくしました。 会食に参加したメンバーのTwitterへは、一部の人から「安倍総理の犬」といった批判の声が寄せられたそうです。 番組では、脳科学者の茂木健一郎さんがTwitterに投稿した辛らつな言葉を取り上げました。 茂木健一郎   会食を批判する声に対し、物申したのは俳優の武田鉄矢さん。茂木さんの意見について、持論を繰り広げました。

英外交機密文書、天安門事件で死者1万人以上と記載

December 26, 2017 NewSensei 0

 28年前中国の軍隊が北京の天安門広場で大規模民主化デモに参加した大学生や市民らを武力弾圧した「六四天安門事件」。中国政府は当初「死亡者は一人も出ていない」と発表し、その後「死者200人余り」と修正した。英国政府が最近、当時中国上層部の信頼できる情報源から入手した機密文書を公開した。それを閲覧した香港メディア「香港01」は、文書には死者は少なくとも1万人に達したとの記述があった、と報じた。 六四天安門事件で、死者1万人に達したと最近、解禁されたイギリスの機密文書が記録した。(ネット写真)  イギリス政府の文書保管機関、英国立公文書館(TNA)が11月、同事件に関する数千ページの外交機密文書を解禁した。  イギリスの消息筋が中国国務院当局者から入手した情報によると、国務院の統計では死者は少なくとも1万人に達する。当時、最高指導部は瀋陽軍区部隊、山西省の第27集団軍を北京に派遣した。作戦は4段階に分かれて、第1~3段階は瀋陽軍区が市民と学生を分離させる。第四段階は第27軍が学生参加者全員を射殺する、というものだった。しかし、瀋陽軍区の軍人が市民と学生を分離させている最中、装甲車内の第27軍兵士はすでに銃射撃を開始、学生のほか、市民と瀋陽軍区の軍人も多数銃殺された。  同消息筋の身元を特定できる部分はすべて黒塗りされている。ドナルド駐中英国大使(当時)は外交電報で、過去に同中国当局者からの情報はいずれも正確で、今回の情報も高い信ぴょう性をもつとの見方を示した。

戦前の日本と戦後の日本はまるで別の国 実は戦前はアメリカのような自由な国だった

December 26, 2017 NewSensei 0

《本記事のポイント》 現代の働き方は戦後の「常識」にすぎない 戦前は決して暗黒時代ではない 戦前の日本は、自由で自助努力を肯定するアメリカのような国だった 皇居でこのほど行われた天皇誕生日の一般参賀には、間もなく退位する今上陛下を見るために、平成の時代では過去最多の人々が訪れた。 しばらくすれば、平成が終わる。陛下は先の大戦への向き合い方について常に思いをめぐらせ、平和な世の中をつくろうとされてきたという印象がある。 戦前の日本と言えば、「暗い」「自由がない」「軍国主義一色」などの負の印象がつきまとう。漠然としたマイナスイメージが定着し、あらゆる戦後の価値観が肯定されている感がある。そんな時代を生きられた陛下がまもなく身を引かれる。 しかし、果たして、戦前の日本は、そんなに「息苦しい国」だったのか。                             1925年に撮影された三菱プラントの工場の風景。 現代の働き方は戦後の「常識」にすぎない 最近、安倍政権は、「働き方改革」と称し、国民の働き方に口出ししている。例えば、最低賃金を引き上げて人手不足を解消しようとするなどの動きがある。 […]

『なぜ日本人は中国に来ないんだ』と中国人が”日本人の誤解”を解説。それ以前の問題だ!とツッコミ殺到

December 25, 2017 NewSensei 0

日本を訪れる中国人観光客は 年々増加している。 円安が一服したことで訪日中国人の 伸びも鈍化したが、それでもその数 は過去最高を更新するのは確実だ。 中国で行われる人気の渡航先調査では 日本は常にランキング上位となって おり、中国では日本旅行がブームと なっていると言えるだろう。 . 逆に、日本人の海外旅行先で中国は さほど人気ではなく、むしろ、台湾や 韓国のほうが人気となっているのが 実情だ。 なぜ日本人は中国に旅行に行きたいと 思わないのだろうか。 中国メディア今日頭条は16日、 中国旅行の安全性に対して日本人 ネットユーザーから寄せられた意見を 紹介する記事を掲載した… 記事は、中国に何度か観光に訪れた ことのあるという日本人や、中国へ の留学経験者、中国人と結婚した 日本人などの意見を紹介している。 彼らの大半は、中国を訪れる前は […]

女「この人触りました」冤罪なのに連行された俺、ある一言を呟いた瞬間、警察と被害者女性が青ざめた。女「許して…」警察「それだけはご勘弁を…」

December 25, 2017 NewSensei 0

ついこの間、痴漢冤罪で引っ張られた。 「素直に認めれば罪が軽くなるよ  (ニヤニヤ」 みたいに言ってきた警官の無能さに 思わず、 「俺は捕まってから両手洗ってない  (駅員が証人)し、本当に触った  なら手から繊維片が出るはずだ。  女の服にも俺の皮脂や皮膚片、  場合によっては指紋が付いてるから  調べろ」 と言ってやった。 警官は 「そんなことまでしなくても、  被害者の証言があるし……」 とか言ってたが 「いいからとっととやれ。  それとも証拠隠滅に加担するつもりか?」 と言ってやったら、 しぶしぶ鑑識(?)を呼んで両手の 繊維片検査と指紋採取。 女の服も女性警官が別室でいろいろ 調べたらしい… 結果、俺の手からは繊維片の欠片 すら検出されず(これは後日分かった)。 […]

中国の武装船団、尖閣沖の領海に侵入! → ネットの反応「攻め込まれてますやん…」「武装した軍艦だろ。海自の仕事だ」

December 25, 2017 NewSensei 0

尖閣周辺で中国船が一時領海侵入 今年28日目 ▼記事によると… ・24日午前9時半ごろから、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に中国海警局の船3隻が相次いで侵入し、約1時間半航行して領海外側の接続水域に出た。 中国当局の船が尖閣周辺で領海侵入したのは11月29日以来で、今年28日目。 第11管区海上保安本部(那覇)によると、1隻は機関砲のようなものを搭載。領海から出るよう巡視船が警告した。 2017年12月24日(全文はソース) https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-636502.html ▼twitterの反応

朝日新聞が『日韓合意の無効化を要求する』本音を自白した模様。合意内容をまともに読めない

December 25, 2017 NewSensei 0

(社説)日韓外相会談 首脳往来の早期実現を:朝日新聞デジタル 無駄に長いので前略 懸案の一つは、2年前の慰安婦合意を どう位置づけるかという問題だ。 韓国では合意にいたる経緯などを 有識者らが調べており、来週、報告書 が出る。 日本側は合意の着実な履行を強く 求めるが、韓国側は報告書の内容を 踏まえた上で、政府見解を別途発表 するという。 文在寅(ムンジェイン)大統領は 選挙公約に合意の再交渉を掲げて 当選した。 合意への韓国世論は厳しい。 政権内では、外交を重視する合意 維持派と、世論を気にかける否定派 がせめぎあいを続ける。 しかし、前政権によるもので あっても、二国間の合意を守らぬ というのは道理が通らない。 報告書の中身がどうであれ、文政権 は合意を尊重した上で歴史認識問題 にあたるべきだ。 日本側の努力も欠かせない。 […]

韓国の火災惨事で『韓国専門家が日本を糾弾し始める』最悪の展開に。やはり日本が悪い事になった模様

December 25, 2017 NewSensei 0

21日に発生した提川(チェチョン) 火災惨事を日本メディアは大きく 扱った。 特に放送は現場の画面を積極的に 活用して報道した。 ごうごうと燃え上がる建物、建物から 人が飛び降りる場面などは視聴率を 高めるのに良い素材であろう。 ところが公営放送NHKは火災現場を 平昌(ピョンチャン)オリンピックと 関連づけた。 NHKは21日夜のニュースで 「提川は人口13万の地方都市で来年2月、  冬季オリンピックが開かれる平昌から  南西約30キロ離れている」 と伝えた。 しかし、火災現場から開幕式が開かれる 平昌オリンピックプラザまでは80キロを 越える。 22日午前のニュースでは 「22日、提川で聖火リレーが  行われる予定だったが火災で  多くの犠牲者がでて中止された」 と追加した。 この日、テレビ朝日の報道バラエティー […]